自由診療とは

自由診療

健康保険が適用されることがない医療や薬剤による治療です。患者様が費用を全額自己負担することにはなりますが、会社や家族にも知られることがない匿名による受診、保険診療では一切取り扱われていない最新の治療法のほか、保険診療とは違ってゆっくり時間をかけられる治療を受けることもできるようになります。当クリニックで行っている自由診療は次の通りです。

主な自由診療

新型コロナウイルス

新型コロナウイルス自費診療について

新型コロナウイルスの検査は、発熱や咳などの症状がある方や、感染者の濃厚接触者(新型コロナウイルスに感染していることが確認された方と近距離で接触、あるいは長時間接触し、感染の可能性が相対的に高くなっている方)であれば、保健所や医療機関において、自己負担なしで検査を受けることが可能です。
一方で、仕事で海外に行く場合や、コンサートなどのイベントへの参加など社会経済活動を行うために希望する方については、無症状であっても、検査費用を自己負担することで検査を受けることができます。
当クリニックでは、精度管理の徹底したPCR検査、抗原検査、抗体検査(自費)を実施しており、検査は当日、結果判定から診断書発行は最短翌日までに対応いたします。

費用(全て税込価格)

新型コロナウイルス PCR検査 24,750円
新型コロナウイルス 抗原検査 9,900円
新型コロナウイルス 抗体検査 6,600円
証明書発行 和文 2,200円
証明書発行 英文 5,500円

にんにく注射

にんにく注射とは

この注射は、にんにくをすり下ろした成分が入っているわけではありません。ビタミンB1が主成分の水溶性ビタミンで、静脈注射によって注入されることから内服のサプリメントよりも即効性があります。注射の際に鼻をつくようなにんにく臭がすることから、一般的にはにんにく注射と呼ばれるようになりました。
なおビタミンB1は、糖質や脂質といったものをエネルギー源に変えていく際に重要な役割をするとされるものですが、これが不足してしまうと糖質がエネルギーに変換できなくなって元気の源としてパフォーマンスが低下するだけでなく、余った糖質は脂肪に変換して肥満になりやすくなるほか、疲労物質が筋肉に溜まるようになって疲れが抜けきらない体質になってしまいます。
このような状態を解消させるには、ビタミンB1が主成分のにんにく注射が有効とされています。具体的には、全身に疲労感がある、風邪のひき始め、二日酔いや肝臓が弱っている、夏バテ、食欲がないといった方に効果が期待できるようになると言われています。この注射は1回打つだけでも効果は実感できますが、持続的なものにしたければ1~2週間に1回程度打つようにしてください。

副作用について

水溶性ビタミンなので過剰に摂取をしてしまったとしても余分な量は尿として排出されるだけです。ただ注射部位に腫れや痛みが数日程度残ってしまうことがあります。

費用(全て税込価格)

ニンニクスタンダード注射 1,320円
ニンニクスタンダードダブル注射 1,980円
ニンニクプレミアム注射 2,640円
ニンニクプレミアムダブル 3,960円

点滴での投与希望の方は上記に500円追加で可能です。(所要時間 15分程度)
疲労回復に効果的なブドウ糖成分を多く含む点滴にビタミン類を溶かして点滴します。
美容、免疫力増強、シミの改善…などその他オプションメニューも相談に乗ります。

  • *スタンダード:ビタミンB1
  • *スタンダードダブル:ビタミンB1  2倍量(料金は1.5倍です)
  • *プレミアム:ビタミンB群(B1、B6、B12)+ビタミンC
  • *プレミアムダブル:ビタミンB群(B1、B6、B12)+ビタミンC 2倍量(料金は1.5倍です)

プラセンタ

プラセンタとは

ヒトの胎盤より抽出したエキスのことをプラセンタといいます。そもそも胎盤は、胎児の成長に欠かせない栄養素が含まれているわけですが、ここにはヒアルロン酸、コラーゲン、必須アミノ酸、たんぱく質などが含まれていることもあって、以前から、肝機能障害、更年期障害の治療に用いられてきました(これらの治療については保険診療となります)。
またプラセンタには、活性酸素を除去する作用や抗炎症作用などもあるのですが、これによってシミの改善や予防、しわやたるみの修復を働きかける効果があることが判明したことで美容的な治療としても用いられるようになりました。美容面では、しみ、しわ、にきび、肌のハリ、美白といったことで効果が期待できるようになります。

皮下注射による治療が持続的で効果があります。
施術は一度の注射で終わることはありません。開始して2ヵ月程度は週1~2回の間隔で通院し、それ以降は1~2週間に1回の間隔で行っていきます。多くの方は、3回程度で効果を実感されるようになります。通院の目安はおおむね10回程度とお考え下さい。
1回で1本~2本投与しますが、効果には個人差があり適宜増量したり減量したりしていきます。

メルスモンとラエンネック

プラセンタ注射では主に2種類あります。
「どっちを注射すれば良いのだろう?」と思われる方もいると思います。

  • メルスモン:更年期障害や疲労、不調を改善したい方。
  • ラエンネック:アンチエイジング、美容目的の方。

目的に合わせて治療を行っていきます。

副作用について

プラセンタ注射は人間の胎盤由来になりますが、血液は製造過程で取り除かれているので、注射剤に混在していることはありません。そのため、何らかの感染症を心配する必要はなく、重篤な症状が報告されたことも現時点ではありません。ただ注射によって、針を注入した部位に赤い腫れや痛みが数日程度みられることはあります。
ただしプラセンタ注射を一度でも受けてしまうと現時点では献血をすることができませんので、ご注意ください。

費用(全て税込価格)

診察費用 初回のみ550円
1A 1,100円
2A 1,650円

再診料はいただきません。

AGA

AGAとは

AGAは「Androgenetic Alopecia」の略称のことで、日本語では男性型脱毛症といった意味になります。これは男性特有の薄毛症で、思春期を過ぎた頃から発症するようになります。脱毛は少しずつ時間をかけて進行するようになります。具体的には、ヘアサイクルを繰り返していくうちに前頭部と頭頂部の毛髪が軟毛化して細く短くなっていき、やがてこれらの毛髪が失われるようになります。原因については、男性ホルモンが関係しているという発毛サイクルの乱れ、あるいは遺伝子の関与などが指摘されていて、日本人男性の約4人に1人の割合でAGAの症状がみられているといわれています。
診断をつけるにあたっては何か特別な検査をすることはありません。薄毛の程度や部位、年齢などから判断していきますが、何らかの病気や薬剤などによって引き起こされる脱毛症でないことを確認してAGA治療薬による治療が必要と判断する方に処方いたします。

治療について

当クリニックで処方するAGA治療薬とは、男性ホルモンの特徴でもある脱毛作用の働きを抑えるとされるフィナステリドが主成分のプロペシア、そのプロペシアの後発品となるプロペシアジェネリックのほか、男性ホルモンの働きを抑制する効果があって、フィナステリドの約1.6倍の発毛効果があるという検証結果が報告されているデュタステリドが主成分のサガーロで、その中からそれぞれの方に合うとされるお薬を使用していただきます。

副作用に関して

AGA治療薬を服用することによる副作用についてですが、これはプロペシア、サガーロ共に、男性機能の低下(性欲減退、勃起不全 など)が報告されています。さらに服用によって、肝臓に負担をかけやすくなるので肝機能障害のリスクを高めるようにもなります。そのため血液検査で定期的に肝機能を確認し、服用以前の数値と服用以後の数値を把握して、管理するといったことも大切です。

費用(全て税込価格)

初診料 1,650円
ザガーロ(デュタステリド) 1箱 30日分 9,900円
ザガーロジェネリック(デュタステリド)
1箱 30日分
7,700円
プロペシアジェネリック(フィナステリド)
1箱 30日分
5,500円

再診料はいただきません。

ED

EDとは

正式にはErectile Dysfunctionという名称ですが、省略して一般的にはEDと呼ばれています。日本語では勃起不全、勃起障害といった意味合いになりますが、これは性行為を満足にできない状態(性行為の際に勃起が十分でない、勃起の状態を維持し続ける)をいいます。
EDの原因につきましては、加齢をはじめ病気(高血圧や糖尿病など生活習慣病の発症、先天的な陰茎の疾患、勃起に関係する脳や脊髄などの神経性の障害など)やケガ(脊髄損傷などの外傷)が原因の器質性ED、性行為に不安がある、嫌悪感、精神的なショック、パートナーとのトラブルといった精神的なことが原因になって引き起こされる心因性ED、この器質性EDと心因性EDが組み合わさった混合性ED、さらに何らかの薬剤の服用が原因の薬剤性EDなどがあります。このように年齢が高い方のみを対象としているわけではありません。そのため勃起に関する異常を感じたら年齢に関係なく、一度受診ください。
診断をつけるための検査としては、問診をはじめ、必要と判断すれば、ED治療薬を問題なく服用できるかの検査(血圧、脈拍、血液検査、尿検査、心電図測定など)も行っていきます。なお、普段から服用している薬があるという方は必ず事前申告するようにしてください。

治療について

EDと診断されると薬物療法として、PDE5阻害薬を処方します。PDE5阻害薬には、バイアグラ、レビトラ、シアリス、バイアグラジェネリックといった種類がありますが、それぞれの方に有効とされるED治療薬を処方していきます。ただ、いずれの治療薬も勃起を一時的に持続させる効果しかなく、完治させるものではありません。

副作用に関して

種類に関係なく、PDE5阻害薬を服用することによる副作用としては、顔がほてる、頭痛などがあり、ニトロ製剤との同時服用は禁忌とされています。またバイアグラでは高血圧やめまい、レビトラでは鼻づまりや動悸、シアリスでは、鼻づまり、消化不良、背中に痛みなどがみられるようになります。これらの症状がみられたら、服用を中止して受診してください。

費用(全て税込価格)

初診料 550円
バイアグラ50mg 1,500円
バイアグラジェネリック50mg( シルデナフィル 50mg) 1,100円
レビトラ10mg 1,870円
シアリス20mg 1,980円

再診料はいただきません。