予防接種とは

予防接種

予防接種とは注射によるワクチン接種のことです。そもそもワクチンとは感染症の原因となる各種の細菌やウイルスの病原性を弱めたり、それらを無毒化したりしてつくられた薬剤のことで、これを接種することである特定の病気に罹患しなくてもその病気に対しての免役がつくようになります。また万が一感染したとしても重症化するリスクは低減します。
このように予防接種は個人の身を守るために行うという目的もありますが、予防接種を受けることができない方々などへの感染症の流行を阻止する(集団免疫)という目的もあります。
当院では成人向けの予防接種として、インフルエンザと肺炎球菌のワクチン接種を行っています。その他のワクチン接種を希望される方は個別にご相談ください。

インフルエンザワクチン

インフルエンザワクチンとは

手洗い、うがいを含め、インフルエンザを予防する対策は様々ありますが、その中でも最も有効とされているのがインフルエンザワクチンの接種です。13歳未満のお子さんは計2回の接種、13歳以上の方は1回の接種となります。
1回の接種をより効果的にするには接種時期が大切です。日本ではインフルエンザは毎年12月~翌3月頃に流行します。そして同ワクチン1回の接種による持続期間は約5ヵ月、接種後に効力を発揮するのが約2週間後といったことからスケジュールを逆算していくと、遅くとも11月中旬頃までに接種をしておく必要があります。

肺炎球菌ワクチン

肺炎球菌ワクチンとは

肺炎は日本人の死因第5位の疾患です。
亡くなった方のうち95%以上の方が65歳以上の高齢者です。免疫力が低下しやすい高齢者や基礎疾患をお持ちの方などが発症しやすい病気です。
発症の原因としては、細菌やウイルスなどの病原体やアレルギーなど様々ありますが、成人が発症する肺炎の大半は肺炎球菌です。このようなことから多くの自治体では、高齢者の肺炎球菌ワクチン接種を定期接種としており、費用の一部を助成しています。ただ全ての高齢者を対象としているわけではありませんので、まずは現在お住まいの自治体の公式HPをご参照ください。
ワクチン接種によって、肺炎球菌による肺炎に罹患しにくくなるほか、万が一感染しても重症化のリスクが避けられるようになります。また、一部助成の対象にならない方でも全額自己負担にはなりますが、接種は受けられます。
なお5年以内に肺炎球菌ワクチンを再接種すると注射部位の痛みが強く出ることがありますのでご注意ください。再接種を希望される場合、5年以上の間隔を空けて受けるようにしてください。